カテゴリ:キキ( 6 )

 

★お知らせ★

次回(来年2月)まではお休みします。
再開時までコメントは承認制とさせていただきます。
(迷惑投稿が多いため)
[PR]

by poetry_news | 2010-12-09 23:39 | キキ  

★お知らせ★

こんばんは。キキです。
ポエトリーニュース、というアドレスにしてみたものの、あまりニュースもないので、
今後はキキが占有させていただくことにします。

年内は短歌の題詠マラソンを走ってみようと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/daieiblog2010
[PR]

by poetry_news | 2010-08-06 21:54 | キキ  

さんしまい メンバー〈他己〉紹介

キキです。

とうとう4月になってしまいました。仕事で疲れすぎて疲労していましたが、無事復活しました。他の二人は準備は進んでいるのでしょうか…? わたしは大枠だけ早く決めたものの、細部がなかなか埋まりません。。

◇とものさん
初めて会ったときに仲良くなりたいなーと思ったことをよく覚えています。遊びに誘おうとひそかにずっとタイミングを計っていたのですが、内気なので、あまりうまくいっていません(笑)。このたび、こうしてイベントを一緒にやれることになって嬉しいです。

とものさんが詩の朗読を始めたのはここ数年のことだそうですが、恐る恐るぶるぶる震えながら始めたわたしとは違ってスタートから猛ダッシュ! 詩の進化と活躍ぶりがまぶしいです。そういう向こう見ずすぎるほどの情熱的なところは小夜ちゃんとよく似ています。女の子なところも★

とものさんは散文詩が得意です。豊かな知識が思わずあふれ出てきてしまうところがとても彼女らしいと思います。そして少し硬質な視点をリアルな感情で押し流し、どこかうねりの多い川のようです。けれど色合いはほのかなパステルカラー。尖ったり引っかいたり暴れたりしても、基本はふんわりした印象を残します。余韻というのでしょうか、わたしはそのちょっと弱気な甘さが近しい感じがして好きです。そして伸びやかな艶のある声をどうぞお楽しみに!


   みんなでまいりましょう

   よるのそらに雲の色も何も見えない
   なぞりたいはらを見失い、今夜は彼のはらでもな
   ぞっておこう

                    (ともの「はらいそ」)

◆小夜ちゃん
小夜ちゃんとは本当に長い付き合いで…小学校から一緒!みたいな感じです。アグレッシブなのにネガティブ(笑)、内気そうなのに大胆不敵、一見矛盾に見えるような性格が同居していて、わたしから見るととても不思議なひとです。

わたしとは正反対のひとのように思うのだけど、でもなんだかとても似ている気もする、それはわたしは東へ歩いていて、彼女は西へ歩いて、風景の見え方は違うのだけど、結局同じ道を歩いているような感じがするのです。

小夜ちゃんは夢見がちで儚げな女の子ではありますが、時にはすごく勇敢で、自分の道を切り開いてく彼女の情熱を本当に尊敬しています。彼女のアフリカンダンス未見の方はぜひ一度ご覧になってください。

実際になんでも体験して、身体で感じ、覚えていくひとだと思います。詩の朗読は、そんな彼女が体験してきたバックボーンがよく活きていて、美しく強い発声から、様々な色合いを見せてくれると思います。


   たねなんてはじめから無いのよって
   やしの実をもぎ取って手でむいて食べた
   えらそうなひとたちは鼻をつまんでる
   食べられるものはみんなかわいいのに

                    (小夜「エソラ」)

●website
ともの 「Nothing Compares 2 ...」 http://tomonon.exblog.jp/
小夜 「吹き溜まる、自転車の道で。」 http://members.at.infoseek.co.jp/fukidamarist/
[PR]

by poetry_news | 2010-04-06 22:18 | キキ  

【お知らせ】伊津野重美 フォルテピアニシモ vol.5 ~『ataraxia』出版記念~

こんばんは。キキです。
3月最後の日曜日、ベンズのスラムに参加してきました。
準優勝しました。わーい。ありがとうございました。
さんしまいのイベントも、行きますと言ってくださる方が結構いて、ウホウホしつつ、今からちょっと緊張してきました(笑)。

さて、今度の日曜は歌人の伊津野重美さんのイベントです。
このフォルテピアニシモのシリーズは全部観ているのですが、前々回辺りから、視界が開けた感じがしてきました。(聴き手として)すごく大きく重い扉の隙間から向こうを覗いて震えていたようだったのが、扉なんて最初からなかったのかもしれない、と思えるような。あるいは、私自身がどこか構えてしまっていたのかも。前回、優しい笹井さんの歌とともに、伊津野さんも、私自身もいろんなことが少しずつ柔らかに、そしてクリアになってきたような気がします。

***

フォルテピアニシモ vol.5 ~『ataraxia』出版記念~
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/ataraxialive.html


 薄羽をもがれ吹かれて辿り着くataraxiaに遍し 光
 

   伊津野 重美  朗読       
                      岡田 敦  写真

日時:2010年4月4日(日)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売 2,500円  当日3,000円 (別途ドリンク代)
   チケット店頭発売 3月1日(月)より

STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1  TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分
吉祥寺駅・北口を出て、吉祥寺大通りを北に直進し、
ヨドバシカメラを越えた角を右折。
20mほど進むと左手にSTAR PINE'S CAFEが見えてきます。

*小学生以下のお子様のご来場はご遠慮くださいますようお願い申し上げます


 ◇ 伊津野 重美  Emi ITSUNO

1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。
2005年に第一歌集 『紙ピアノ 』(写真/岡田 敦)を風媒社より刊行。
詩誌『生命の回廊』発行・編集
写真集『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 青幻舎)
自らの企画で演出、出演をこなしながら、他の作家や他ジャンルとの
コラボレーション作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
2007年より朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」を開始する。
空間と時間までも<詩>へと昇華させる朗読は、祈りのようでもある。
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/


 ◇ 岡田 敦  Atsushi OKADA

富士フォトサロン新人賞(2002年)
第33回木村伊兵衛写真賞(2008年)を受賞。
『Platibe』(窓社) 『Cord』(窓社)
『紙ピアノ』(短歌/伊津野重美 写真/岡田敦 風媒社)
『I am』(赤々舎) 
『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 青幻舎)
http://www2.odn.ne.jp/~cec48450/


本公演では、岡田敦 木村伊兵衛写真賞受賞後第一作
「ataraxia」の写真をステージに映写する。

写真集「ataraxia」(岡田 敦・伊津野重美 青幻舎)
◆判型:255mm×257mm ◆総頁72頁 ◆上製 
◆予価:3,360円(本体3,200円+消費税) ◆発行:2010年1月1日
http://www.youtube.com/watch?v=94R305JirJY

              fortepianissimo vol.5 ~ ataraxia ~
[PR]

by poetry_news | 2010-03-29 21:23 | キキ  

フライヤー(PDF版)のお知らせ

こんばんは。キキです。

フライヤーをPDF化しましたので、興味のある方はぜひお持ちになってください。
森三中のキャッツアイがツボで、ちょっとだけ真似してみたのですが、
とものさんにはむしろ猫型ロボットと言われました。。

(A4版)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fish/sisters.pdf
(A5版)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fish/sisters_minimini.pdf

***

わたしたちは皆長女で、だから姉3人のイベント…ということなんですが、
わたしは姉っていうと真っ先にホラー小説『姉飼』の単行本の表紙を思い浮かべてしまいます。
(心臓の弱い方は検索しませんように!)
[PR]

by poetry_news | 2010-03-18 22:58 | キキ  

お友達イベント 『同行二人 Dogyo-Ninin』

こんばんは。キキです。

わたしたちのイベントは、ただ朗読するだけの地味なものなのですが
女の子3人だし、にぎやかな雰囲気になればいいなあと思っています。
それで、イベントまでの期間も存分に楽しもうと思います!

3/13(土)は、わたしがすごくお世話になっているカワグチタケシさんと、
すこしお世話になっている村田活彦さんのイベントがあります。

会場のそら庵さんには行ったことがあるのですが、”家”という感じのくつろげるお店です。
ちょっと奥の方を登って行くと、ちょっとした公園があって、芭蕉さんがでんっと座っています。

カワグチさんのブログ→http://kawaguchitakeshi.blogspot.com/2010/02/poetry-reading-showcase.html
イベント詳細↓
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
同行二人 Dogyo-Ninin
A POETRY READING SHOWCASE

2010年3月13日(土)14:30開場 15:00開演
出演:カワグチタケシ、村田活彦、松浦年洋(g)、中村“ルイーザ”真美(per)
料金:700円(ワンドリンク別)
会場:そら庵(東京都江東区常盤1-1-1)tel. 050-3414-7591     
   http://www.sora-an.info/ sora_an_111@yahoo.co.jp
   
会場の地図はこちら↓
http://www.sora-an.info/access.html
東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄大江戸線清澄白河駅A1出口徒歩7分
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
[PR]

by poetry_news | 2010-03-10 22:16 | キキ