無事終了しました!

お越しいただいた皆様、映画館のマスター、ママ、どうもうありがとうございました!

心配していた天気もすっかり晴れ(寒かったですが)、
たくさんの方にご来場いただき嬉しかったです。

楽しんでいただけましたでしょうか?
引き続き感想を募集!していますので、よろしくお願いします!
[PR]

# by poetry_news | 2010-04-18 11:22 | 3 sisters  

朗読イベント 『3 sisters(さんしまい)』

3 sisters

日時:4月17日(土) 開場14:30 開演15:00
料金:入場無料+1ドリンクオーダー
朗読:ともの、キキ、小夜

会場:JAZZ喫茶『映画館』
http://www6.ocn.ne.jp/~eigakan/

1部ではそれぞれお気に入りの詩人の作品を、
2部では自作を、
3人の姉たちが朗読します。お楽しみに!
http://poetrynews.exblog.jp/
[PR]

# by poetry_news | 2010-04-17 23:11 | 3 sisters  

白山ベーグル

イベントも目前に迫ってきました。緊張しています。小夜です。

キキ姉さんとともの姉さんの他己紹介に感激したので、書きたいと思うのですが、、、なんだか頭がいっぱいなので、今日は、白山の大大大好きなお店をご紹介します。

とってもおいしいベーグルやさんです!
「白山ベーグル」 サイトはこちらです。

以前会社への通り道(といっても自転車で50分の距離の途中)にあったので、よくお昼用に買っていました。
ほんとに種類がたくさんあって、わくわくするのです。
ベーグル好きの方は、ぜひぜひ、さんしまい前に(後だと営業時間が終わってしまうようなので・・・)、のぞいてみてはいかがでしょうか?
そしてもちろんさんしまい中とさんしまい後は、映画館のおいしいメニューをお楽しみくださいませ!


小夜
[PR]

# by poetry_news | 2010-04-13 23:53 | 小夜  

さんしまい メンバー〈他己〉紹介

キキです。

とうとう4月になってしまいました。仕事で疲れすぎて疲労していましたが、無事復活しました。他の二人は準備は進んでいるのでしょうか…? わたしは大枠だけ早く決めたものの、細部がなかなか埋まりません。。

◇とものさん
初めて会ったときに仲良くなりたいなーと思ったことをよく覚えています。遊びに誘おうとひそかにずっとタイミングを計っていたのですが、内気なので、あまりうまくいっていません(笑)。このたび、こうしてイベントを一緒にやれることになって嬉しいです。

とものさんが詩の朗読を始めたのはここ数年のことだそうですが、恐る恐るぶるぶる震えながら始めたわたしとは違ってスタートから猛ダッシュ! 詩の進化と活躍ぶりがまぶしいです。そういう向こう見ずすぎるほどの情熱的なところは小夜ちゃんとよく似ています。女の子なところも★

とものさんは散文詩が得意です。豊かな知識が思わずあふれ出てきてしまうところがとても彼女らしいと思います。そして少し硬質な視点をリアルな感情で押し流し、どこかうねりの多い川のようです。けれど色合いはほのかなパステルカラー。尖ったり引っかいたり暴れたりしても、基本はふんわりした印象を残します。余韻というのでしょうか、わたしはそのちょっと弱気な甘さが近しい感じがして好きです。そして伸びやかな艶のある声をどうぞお楽しみに!


   みんなでまいりましょう

   よるのそらに雲の色も何も見えない
   なぞりたいはらを見失い、今夜は彼のはらでもな
   ぞっておこう

                    (ともの「はらいそ」)

◆小夜ちゃん
小夜ちゃんとは本当に長い付き合いで…小学校から一緒!みたいな感じです。アグレッシブなのにネガティブ(笑)、内気そうなのに大胆不敵、一見矛盾に見えるような性格が同居していて、わたしから見るととても不思議なひとです。

わたしとは正反対のひとのように思うのだけど、でもなんだかとても似ている気もする、それはわたしは東へ歩いていて、彼女は西へ歩いて、風景の見え方は違うのだけど、結局同じ道を歩いているような感じがするのです。

小夜ちゃんは夢見がちで儚げな女の子ではありますが、時にはすごく勇敢で、自分の道を切り開いてく彼女の情熱を本当に尊敬しています。彼女のアフリカンダンス未見の方はぜひ一度ご覧になってください。

実際になんでも体験して、身体で感じ、覚えていくひとだと思います。詩の朗読は、そんな彼女が体験してきたバックボーンがよく活きていて、美しく強い発声から、様々な色合いを見せてくれると思います。


   たねなんてはじめから無いのよって
   やしの実をもぎ取って手でむいて食べた
   えらそうなひとたちは鼻をつまんでる
   食べられるものはみんなかわいいのに

                    (小夜「エソラ」)

●website
ともの 「Nothing Compares 2 ...」 http://tomonon.exblog.jp/
小夜 「吹き溜まる、自転車の道で。」 http://members.at.infoseek.co.jp/fukidamarist/
[PR]

# by poetry_news | 2010-04-06 22:18 | キキ  

さんしまい メンバー〈他己〉紹介

とものです。

イベント当日まで、1ヶ月を切りました。どうぞよろしくおねがいいたします。
このブログの活用方法をかんがえ、メンバーのプロフィールを公開しようかと思いましたが、
ありきたりなのもつまらないので、他己紹介をしようと思います。
(タコ紹介とか、蛸紹介ではありません)


☆キキさん

3人の中では、わたしがいちばん年上なのですが、詩の世界ではいちばん後輩です。
芸歴はだいじ!と常々思っています(笑)そんなわけで、キキさんは大先輩です。

最初、キキさんのことはメーテルのような人だと思っていました。
やさしいまなざし、落ち着いたものごし、悟りきったような慈愛に満ちた…。
その印象いまでも基本的には変わらないのですが、ときに「なんておもしろい!」行動をとったりもする、
チャーミングというよりは「お茶目」な面をお持ちでいらっしゃいます。
すらすらと仕事が速いので、せっかちなわたしには、とてもいいパートナーです。
あ、あとぜったい紅茶派だと思ってたのに、コーヒー派みたいです。
そういうふうに裏切ってくれるので、友人としては飽きません。
鳥になって飼われて、かごの中から観察していたい。

詩や朗読は、もうすばらしい、のひとこと。完成度がとても高いのです。
慎重かつ、努力家なんだろうな、と思います。
とても透明感があって、無機質なのに血がしっかり流れてあたたかい、
ノスタルジックなんだけどとてもカレントな。


  いまあなたの桃源郷を
  押しつぶしたの
  いま、
  わたしは、
  あなたの桃源郷を、
  押しつぶしたの、
  
          (キキ 「光の庭」)


★小夜ちゃん

まだ知り合って間もないころ、小夜ちゃんにマカロンをあげたら、
「マカロンは特別なお菓子です」だといって喜んでくれました。いい子だと思いました。
次にあったとき、帰るわたしをお店の外まで見送ってくれました。いい子だと思いました。
わたしたちは考え方がかなり似ています。少女漫画体質というか、乙女でうざったい。
お互い、妄想しているでもなく不安を抱え、しかも人には笑われるばかりなので、
よく傷を舐めあっています。貴重な人です。理解してくれる人って、ほんとにだいじです。
そんな話は大概同じ街の同じお店で夜繰り広げるのですが、
あるとき、真昼の光下で踊っている彼女を見ました。
太陽の子でした。あんまりまぶしすぎて、ちょっと泣きました。ちょっと親心みたいだった。

そんな彼女の詩は、やっぱりとても少女っぽいです。
やるせなさとか、苛立ちとかが、まっすぐ伝わってくる、素直な詩です。
読んでる姿もかわいいので、わたしはとても好きなのです。
少女なんだけど、苦しいんだけど、どこか伸びていくかんじがして、ひろがるかんじがあって、
そばに座っててあげたい。


  泣くすべをしらない夜の  
  しめったからだは  
  いまにも堤防をやぶらんとして  
  つくりものみたいな 
  板敷きの床にへばりついた 

          (小夜 「ゆうべ、夜は」)  



*こんな短い文章じゃ書ききれないので、素敵なふたりに会いにきてくださいね、ぜひ!

●website
キキ 「魚の祭」 http://www7b.biglobe.ne.jp/~fish/
小夜 「吹き溜まる、自転車の道で。」 http://members.at.infoseek.co.jp/fukidamarist/
[PR]

# by poetry_news | 2010-04-05 19:12 | ともの  

【おしらせ】太鼓と踊りのライブに出ます。

小夜です。おしらせです。
実は、アフリカの踊りと太鼓をやっているのですが、土曜日にライブがあります。
朗読ともさんしまいとも全く関係ないのですが、、、ふたりの姉さまにこの場をお借りしました!
全力で叩いて踊ってますので、よかったら遊びにいらしてくださいね。
下に、詳細を載せておきますので、ご覧下さいませ。
あ、、チラシを小さく載せたかったのですが、、縮小できなくてやたらでかくなってます。。。

そしてそして、日曜日は、伊津野重美さんの公演があります
わたしも見に行きます!

**********
4/3(土)
ライブ『ダンシング・アフリカ』
【開催日時】 2010年4月3日(土) 14:00オープン 15:00スタート 21:00クローズ
【料金】 チケット2,200円+ワンドリンク(500円)
【会場】上石神井シルクロード 西武新宿線上石神井駅から徒歩2分
東京都練馬区上石神井1-7-16 コンポーゼ上石神井B1
TEL&FAX/03-5991-0242
http://silkroad-live.com
ご予約・お問い合わせ
090-5506-3545 yuzo-kamiguchi@coda.ocn.ne.jp ゆーぞーまで

●出演者
ゴンダブ+ワテテメコ (タンザニアの太鼓「ムヘメ」とケニアの音楽・踊り)←これです!出演1番目!

マカンボ ミンギ (コンゴの音楽バンド)
http://africanmusic.at.infoseek.co.jp/index.html

Three Ghana Ba (ガーナ人のバンド)
http://www.youtube.com/watch?v=1Cf8sP1-r68

パシチガレ・ムビラズ (ジンバブエの親指ピアノ「ムビラ」のバンド)

小池龍一 (タンザニアの音楽)

LEZAMI (コンゴのジャガジャガさん率いるリンガラバンド)

f0223756_2326023.jpgf0223756_23261035.jpg
[PR]

# by poetry_news | 2010-03-31 23:18 | 小夜  

【お知らせ】伊津野重美 フォルテピアニシモ vol.5 ~『ataraxia』出版記念~

こんばんは。キキです。
3月最後の日曜日、ベンズのスラムに参加してきました。
準優勝しました。わーい。ありがとうございました。
さんしまいのイベントも、行きますと言ってくださる方が結構いて、ウホウホしつつ、今からちょっと緊張してきました(笑)。

さて、今度の日曜は歌人の伊津野重美さんのイベントです。
このフォルテピアニシモのシリーズは全部観ているのですが、前々回辺りから、視界が開けた感じがしてきました。(聴き手として)すごく大きく重い扉の隙間から向こうを覗いて震えていたようだったのが、扉なんて最初からなかったのかもしれない、と思えるような。あるいは、私自身がどこか構えてしまっていたのかも。前回、優しい笹井さんの歌とともに、伊津野さんも、私自身もいろんなことが少しずつ柔らかに、そしてクリアになってきたような気がします。

***

フォルテピアニシモ vol.5 ~『ataraxia』出版記念~
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/ataraxialive.html


 薄羽をもがれ吹かれて辿り着くataraxiaに遍し 光
 

   伊津野 重美  朗読       
                      岡田 敦  写真

日時:2010年4月4日(日)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売 2,500円  当日3,000円 (別途ドリンク代)
   チケット店頭発売 3月1日(月)より

STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1  TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分
吉祥寺駅・北口を出て、吉祥寺大通りを北に直進し、
ヨドバシカメラを越えた角を右折。
20mほど進むと左手にSTAR PINE'S CAFEが見えてきます。

*小学生以下のお子様のご来場はご遠慮くださいますようお願い申し上げます


 ◇ 伊津野 重美  Emi ITSUNO

1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。
2005年に第一歌集 『紙ピアノ 』(写真/岡田 敦)を風媒社より刊行。
詩誌『生命の回廊』発行・編集
写真集『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 青幻舎)
自らの企画で演出、出演をこなしながら、他の作家や他ジャンルとの
コラボレーション作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
2007年より朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」を開始する。
空間と時間までも<詩>へと昇華させる朗読は、祈りのようでもある。
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/


 ◇ 岡田 敦  Atsushi OKADA

富士フォトサロン新人賞(2002年)
第33回木村伊兵衛写真賞(2008年)を受賞。
『Platibe』(窓社) 『Cord』(窓社)
『紙ピアノ』(短歌/伊津野重美 写真/岡田敦 風媒社)
『I am』(赤々舎) 
『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 青幻舎)
http://www2.odn.ne.jp/~cec48450/


本公演では、岡田敦 木村伊兵衛写真賞受賞後第一作
「ataraxia」の写真をステージに映写する。

写真集「ataraxia」(岡田 敦・伊津野重美 青幻舎)
◆判型:255mm×257mm ◆総頁72頁 ◆上製 
◆予価:3,360円(本体3,200円+消費税) ◆発行:2010年1月1日
http://www.youtube.com/watch?v=94R305JirJY

              fortepianissimo vol.5 ~ ataraxia ~
[PR]

# by poetry_news | 2010-03-29 21:23 | キキ  

フライヤー(PDF版)のお知らせ

こんばんは。キキです。

フライヤーをPDF化しましたので、興味のある方はぜひお持ちになってください。
森三中のキャッツアイがツボで、ちょっとだけ真似してみたのですが、
とものさんにはむしろ猫型ロボットと言われました。。

(A4版)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fish/sisters.pdf
(A5版)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fish/sisters_minimini.pdf

***

わたしたちは皆長女で、だから姉3人のイベント…ということなんですが、
わたしは姉っていうと真っ先にホラー小説『姉飼』の単行本の表紙を思い浮かべてしまいます。
(心臓の弱い方は検索しませんように!)
[PR]

# by poetry_news | 2010-03-18 22:58 | キキ  

「同行二人」に行ってきました

とてもあったかくてよく晴れた昨日、川の側まで、カワグチタケシさんと村田活彦さんのイベント「同行二人」を見に行きました。
満員御礼で、せまいところに人があふれている感じが、なんだか和気藹々とあたたかいイベントでした。

おふたり個々のパフォーマンスは、いうまでもなく素敵でしたが、
このイベントの醍醐味は、やはりおふたりの対比なのかな、と思いました。
(でも、一度もふたりならんでステージに立つことはないというのが、また面白かったです)
静と動ではなく、表と裏でもなく、ましてや陰と陽ではない、ふたつの陽性なものが、
二面ではなく、交わるところを見せないままに一面に融けてゆくような。
なんだか不思議な。自然に隅田川に流れ込んでゆく小名木川みたいに。
ちっとも上手くはいえないのですけど、でも、よい時間だったのです。
またこんな機会があるとよいな、と思うと同時に、おふたりにはとても感謝です。

(ともの)
[PR]

# by poetry_news | 2010-03-14 20:57 | 3 sisters  

映画館さんにチラシを置かせていただきました!

タイトルのままですが・・・

今回のイベントの会場であるJAZZ喫茶「映画館」さんに、さんしまいチラシを置かせていただきました。
お近くの方、ぜひ、耳と舌を潤しがてら、チラシをお手にとっていただけたらと思います。

詩とはまったく無関係の知人に、映画館の古い常連さんがいらっしゃるのですが(偶然!)、その方のお友達がお店にいらっしゃいました。
ご挨拶して、ちゃっかりイベントを宣伝したところ、「谷根千」という雑誌の編集者さんで、こんど映画館で映画上映会(普通のようで普通じゃない)をされるとのこと。
チラシの交換をしてきましたので、こちらでも宣伝です。興味深いです。

***
谷根千「ダムとわたし」映画祭

都会の水と農業をささえてきたダム。
雇用をつくり、また、政治家と官僚を潤してきたダム。
山や海の姿を、そこに住む人々の生活を大きく変えてきたダム。

ダムとはなにか、ダム問題とはなにか。
わたしとダムの関係って一体どうなっているの。

みんなにどうしても「船、山にのぼる」を見てもらいたいE実行委員長と、ダムのことを一人で考えているのはもったいないからみんなにも考えてもらいたいというY副委員長、その渦にまきこまれたKがおくる、「面白くてためになる」5日間。
今年のゴールデンウィーク前半は、「ダムとわたし」をお見逃しなく!!

4月24日(土)「船、山にのぼる」本田孝義監督 
6:00開場 6:30開映
根津の不忍通りふれあい館 文京区根津2-20-7 
千代田線根津駅根津神社側出口より徒歩2分

4月25日(日)ダム映画特集~D坂シネマアンコール上映会 
13:30開場 上映は三回14:00〜、16:30〜、19:00〜
谷根千<記憶の蔵>1階(千駄木の「協和会の蔵」改称)文京区千駄木5-17-3 
千代田線千駄木駅団子坂側出口より徒歩8分
*映写協力/FPS小型映画部

4月26日(月)ダム映画小特集 19:00開場、19:30開映
白山のジャズ喫茶「映画館」文京区白山5−33−19 
三田線白山駅白山神社側出口より徒歩1分

4月27日(火)「水になった村」大西暢夫監督 
6:00開場 6:30開映
根津の不忍通りふれあい館 文京区根津2-20-7 
千代田線根津駅根津神社側出口より徒歩2分

4月28日(水)ダム映画小特集 
19:00開場、19:30開映
谷中の喫茶店「カフェコパン」台東区谷中2-3-4
千代田線根津神社側出口より5分

詳細情報は、谷根千ネット(http://www.yanesen.net/topics/detail.html?id=101)をご覧下さい。
[PR]

# by poetry_news | 2010-03-14 00:38 | 小夜